広島大学FE・SDGsネットワーク拠点(NERPS)

EFFORTS


全学取組実績

下痢便から薬剤耐性の伝播の仕組みを探る?!(医系科学研究科(薬) 教授 黒田照夫)


薬剤耐性菌は今や世界規模の問題となっており、今行動を起こさない限り2050年には薬剤耐性菌による年間の死者数は世界で1000万人にも達するとも予想されています。薬剤耐性菌の蔓延を阻止するためには、細菌そのものが広がらないようにすることが重要ですが、それと同時に薬剤耐性に関係する遺伝子そのものが広がらないようにすることも重要です。私たちは下痢原因菌を標的として、ヒトの腸管内でこの遺伝子伝播が複数の菌種間でどのように起こっているのか明らかにし、その全体像を解明しようとしています。

ウェブサイト:https://microbiolgy-pharm.hiroshima-u.ac.jp/

 

 

カテゴリ検索

  • すべて表示