広島大学FE・SDGsネットワーク拠点(NERPS)

EFFORTS


全学取組実績

口永良部島の魚類図鑑を通じて海の生物多様性の魅力を発信 (坂井 陽一 統合生命科学研究科 教授)


広島大学では1970年から現在まで鹿児島県の口永良部島のリーフにおいて魚類生態研究を行い、多くの学術的成果を世界に向けて発信してきました。また、広島大学学生が主導して、口永良部島在来の魚類の多様さを発信する魚類図鑑を出版しました。

カテゴリ検索

  • すべて表示