広島大学FE・SDGsネットワーク拠点(NERPS)

EFFORTS


全学取組実績

講義「Global Issues Towards Peace A」、「Global Issues Towards Peace B」(外国語教育研究センター 教授 達川奎三、准教授 Peter Howell)


「Global Issues Towards Peace A」(英語による平和科目の提供):

本コースでは、グローバル時代における「平和」や「人道性」を中心に据え、SDGsの到達目標に関わる様々なトピックを考えてみる。受講学生にはこれらのグローバルな話題に関する問題意識の向上を求めるとともに、それらを英語で理解し、討論できるようになることを期待する。具体的には、「核兵器」「第二次世界大戦」「原子力発電」「中米の対立」「貧困と暴力」「人身売買」などの話題を学び、リンガ・フランカ(Lingua Franca)である英語でのコミュニケーションを図る積極的態度を養う。

「Global Issues Towards Peace B」(英語による平和科目の提供):

グローバル時代における「共存社会」を考え,行動するための基本的な知識や問題意識を身に付けるとともに,SDGsの到達目標に関わる話題を英語で理解・発信する力を養うコースである。具体的には,以下の3点を中心に扱う。(1) 平和な共存社会を実現するために,人類として乗り越え,解決すべき世界共通の諸問題 (2) 戦争・紛争が起こることによる人々の生活や心への影響 (3) 「人権」を守り,「共存社会」を構築することに努力した人物や団体、などである。

カテゴリ検索

  • すべて表示