広島大学FE・SDGsネットワーク拠点(NERPS)

EFFORTS


全学取組実績

東広島市と協働で持続可能なまちづくりに貢献する施設の建築デザイン設計(大学院先進理工系科学研究科 建築学プログラム)


先進理工系科学研究科建築学プログラムの大学院生が、広島大学中央口付近に新たに整備される「交通結節点」の建築デザインを行った。これは大学院講義「環境建築設計II」として行ったものであるが、講義後も、東広島市の地域政策課、営繕課、設計事務所と協働で設計を進めており、2022年度には建設予定である。この施設は持続可能なまちづくりに貢献することを意図している。

https://www.hiroshima-u.ac.jp/adse/news/64322

カテゴリ検索

  • すべて表示