広島大学FE・SDGsネットワーク拠点(NERPS)

EFFORTS


全学取組実績

論文「平成30年7月豪雨による広島県南部の建物被害と土砂災害の指定区域」(人間社会科学研究科 准教授 後藤秀昭)


土砂災害の発生について居住地の変遷と自然地形との関係から見当し、土石流警戒区域の設定や連絡の問題について指摘した。

論文:https://www.jstage.jst.go.jp/article/chirikagaku/75/3/75_100/_article/-char/ja

カテゴリ検索

  • すべて表示