広島大学FE・SDGsネットワーク拠点(NERPS)

EFFORTS


全学取組実績

ひろしまたてものがたりフェスタ(先進理工系科学研究科建築学プログラム 准教授 角倉英明)


建築は人生の中で最も長くすごす空間でもある。また、地域の文化・習慣・社会システムなどが色濃く反映され、さらに豊かな公共性を備えている。広島県にこれまでにつくられてきた建築が数多くある。それらを広く市民に公開し、知ってもらうことにより、愛着のある建築を育み、より良いまちや都市の形成につなげていくため、広島県や有識者と実行委員会を設け、毎年秋に「ひろしまたてものがたりフェスタ」を開催している。さらに広島大学の初年次インターンシップの一環として、1年生にイベントスタッフとして参加してもらい、建築の社会性・公共性に触れる機会をつくっている。

カテゴリ検索

  • すべて表示