広島大学FE・SDGsネットワーク拠点(NERPS)

EFFORTS


全学取組実績

持続可能な農業の確立(統合生命科学研究科 先端物質科学研究科副研究科長 統合生命科学研究科生物工学プログラム長 加藤純一)


環境中の微生物は物質感知機能を駆使して宿主となる植物に共生したり、感染したりする。環境微生物の物質感知機能の詳細を解明し、彼らの共生(植物成長促進につながる)を促進したり、感染を防除(植物病の防除)する技術開発を行っている。

この技術は、農薬や肥料への依存度を最小限にする持続可能な農業の確立に貢献する。

ウェブサイト:https://kato-lab.hiroshima-u.ac.jp/

カテゴリ検索

  • すべて表示