広島大学FE・SDGsネットワーク拠点(NERPS)

EFFORTS


全学取組実績

自然災害に適用可能なリモートセンシングとAI技術による災害把握技術の構築(先進理工系科学研究科・建築学プログラム 准教授 三浦弘之)


近年世界各地で自然災害が多発しており,日本でも地震だけでなく豪雨による洪水・土砂災害が頻発している。災害後も住み続けられるまちづくりを考える上で,応急対応や復旧計画に資するために,建物等の被害分布をなるべく迅速に把握し,自治体等へ情報提供をすることが重要となる。

被害の拡がりを把握するには,人工衛星などの上空からの観測データ(リモートセンシングデータ)の利用が有効である。また,解析技術の高精度化・迅速化のためには,近年発達の著しい人工知能(AI)技術の活用も有効である。

我々の研究グループは,地震・津波,洪水,土砂災害,台風など様々な自然災害に適用可能な,リモートセンシングとAI技術による災害把握技術の構築を行っている。本技術により,多大な労力を要する現地調査をせずとも詳細な被害分布を簡便に把握することが可能となり,災害後の復旧支援活動が飛躍的に効率化するものと期待される。

カテゴリ検索

  • すべて表示